木炭・ガス・石油製品等 燃料の総合商社

東京燃料林産株式会社

環境に優しいエネルギー

LPガスと環境について

近年、様々な環境問題が表面化していますが、中でも地球温暖化は深刻です。全世界的に気温が高まっており、一説には約90年後の2100年には地球の平均気温は最大6.4度、海水面は38.5cm上昇するといわれています。これにより地面の水没のみならず、気象災害(台風や干ばつなど)が増え、かつ巨大化が予想されます。農作物への影響も深刻と見られ、人的被害は想像以上のようです。更に生物の絶滅と生態系の変化、そしてそれに伴う二次災害も巡って人間に悪影響を及ぼす可能性があります。

LPG車の普及も積極的に活動しています。

地球温暖化の主な原因は二酸化炭素の増加でほぼ間違いないようです。世界中で生活レベルが向上するにつれ、石油や石炭など一時エネルギーの消費は増加の一途です。そのためこれからは二酸化炭素の排出量を抑制することが重要です。

温室効果ガス排出源単位

LPガスは同じカロリーを消費した場合、石油や石炭よりも二酸化炭素の排出量が少ないので、クリーンエネルギーと認められています。また健康に有害な硫黄や廃・すすなども含まれないため大気汚染の負荷も少ないといわれています。

そこでLPガスの普及を呼びかけ、環境保全に努力しています。

 

 

Copyrights (c) 2007 東京燃料林産株式会社. All rights reserved.